きっと私の風が吹く

好きなことを、好きなように

【お知らせ】You Tube登録者1000人突破しました

日々のお勤めお疲れさまです。アカツッキーです。

2月に入り、日に日に春の足音が聞こえてきたかと思えば地域によっては暴風雪警報が出る日もあったりと、落ち着かない日々が続いておりますがいかがお過ごしでしょうか。私はこの寒暖差のせいか、体調があまりよろしくない日々が続いております。ついでに乾燥がひどくて手からの(あかぎれなどによる)出血が酷いです助けて。皆様どうぞご自愛くださいませ。

 

では、表題。

  

  本日、1/18(木)の朝にYou Tubeチャンネルの登録者数が1000人を迎えたのを確認しました!

f:id:gotenmari:20210218221740p:plain

  • 100人→200人=138日
  • 200人→300人=76日
  • 300人→400人=51日
  • 400人→500人=62日
  • 500人→600人=46日
  • 600人→700人=55日
  • 700人→800人=56日
  • 800人→900人=71日
  • 900人→1000人=59日←NEW

 

遂に桁が変わりました!

本当にありがとうございます!

 

 昨日(2/17)の夜に999人なのを確認し、起きたら1000人になっていないかな~と思いながら寝て起きたら本当に1000人になっていました(笑)

 

 2021年の目標の一つとして『You Tubeニコニコ動画どちらもフォロワー1000人達成』というものを設定していました。

 昨年、You Tubeは上記にあるように、平均2~3ヶ月で100人の方にチャンネル登録いただいていたので、こちらは年内中にはいけるんじゃないかと思っていました。とはいえ、まさか2月という1年の序盤で達成出来るとは思ってもいませんでした。重ねてお礼申し上げます。

 

 おそらく私のチャンネルを登録いただいた多くの皆様は、私の作った解説動画を見て登録されたのではないかと思います。そうした皆様に有意義な解説をお届けできず、実況動画ばかりを投稿していることについては申し訳なく思います。

 解説動画と実況動画を投稿するチャンネルを分けたほうがいいのではないか? ということも考えましたが、いわゆるYouTuberとして再生数や登録者数を増やして広告収入を少しでも多く得たいのであれば、そうした手間を掛けるのも必要かと思います。しかし私は”少なくとも今のところは”そういう考えはなく、むしろ「実況も解説も全部合わせて私の作る作品です」という気持ちでおりますので、もうしばらくはこのままの状態で続けていこうと思います。

 

 先だってTwitterでは、とある有名ボイロ実況者様のツイートとして、

 「You Tubeの登録者がようやく1.4万人になりました。それでもみんなに比べたらまだまだ全然足りない。増え方も遅い。もっと頑張るしかない」(意訳)

というものがRTで流れてきて、自分とは見ている景色が、自分を置いている環境が、ぜんぜん違うんだなー、と感じる出来事がありました。

 私は私らしく、毎日数え切れないほどの作品が投稿される中で、私に出会い、作品を見てくださる一人ひとりに感謝をしつつ、これからも続けていけたらと思います。

 

 改めまして、動画投稿を始めてから4年と少し。ここまで続けてこれたのは間違いなく皆様のおかげです。いつも本当にありがとうございます。

 私よりも面白い実況。私よりも分かりやすい解説。私よりも耳心地の良いラジオ。

 そうした作品は世界に溢れ、きっとこれからも増え続けていくでしょう。それでも私は私らしく、作品作りを続けていけたらと思います。

 まだまだ未熟者ではありますが、今後とも、何卒よろしくお願い致します。

 

 つきましては、明後日2/20(土)18時にダクソDoA最新話が投稿されますのでよろしくお願いします(ステマ)。

 

 世間的には寒暖差が激しく、気温差・気圧差による体調不良への注意、乾燥による火災など自然による影響が続いております。また1年近く続くcovit-19に関しては、昨日17日より一部の医療従事者に対してワクチンの先行摂取が開始されました。春に向けて少しずつ色々なものがまだまだ変わり続ける日々の中、皆様が少しでも楽しく笑って過ごせることを心より願っております。

 

どうぞ皆様、ご自愛くださいませ。

 

ではまた。

 

 

・100人になった時の記事

・200人になった時の記事

・300人になった時の記事

・400人になった時の記事

・500人になった時の記事

・600人になった時の記事

・700人になった時の記事

・800人になった時の記事

・900人になった時の記事