きっと私の風が吹く

好きなことを、好きなように

同人サークル『Xiph』さんが好き

累計98日目。

日々のお勤めお疲れ様です。アカツッキーです。

 

前回の記事がたくさんの方に読んで頂けて、もうちょっと真面目に書けば良かったかな?とちょっと後悔しております。とはいえ、動画がニコニコ動画講座カテゴリー総合ランキング5位ということで、閲覧ありがとうございます。ご要望も頂いておりますので、折を見てイタコ姉様の調声やきりたん、ずん子の考察動画も作るかもれません。

www.nicovideo.jp

You Tubeはこちら→VOICEROID2東北イタコ調整考察

 

 ということで、表題。

 

 10月28日の日曜日、音楽系オンリー即売会の『M3』という同人イベントにちょっとだけ参加してきました。

 場所は東京流通センターコミックマーケットでお馴染みの国際展示場(東京ビッグサイト)や、日本の空の玄関口である羽田空港からほど近い場所です。

 M3は毎年春秋2回行われる音楽系オンリーイベント。音楽と言っても幅は広くて、オリジナルのインスト(歌なし)や歌曲、ゲームやアニメのBGMアレンジや朗読劇、効果音素材など、音楽というより「音」に関係する作品が一挙に集まるイベントです。

 

 今回、私がM3でお迎えさせていただいたCDはKoZさんとSagiriさんの二人組音楽サークル『Xiph(ざいふぉ)』さんの新譜Seamrog ~Truth Truck~です。

f:id:gotenmari:20181106231824j:plain こちら、2015年秋のM3で頒布された『Seamrog』の追加楽曲という位置づけで制作された作品。視聴は以下より。

soundcloud.com

 

 開始3秒で「あ、好き」ってなったよね。

 

 私がXiphさんを知ったのは2年前の秋M3に参加する少し前のこと。実はソレがM3初参加でして、事前にTwitterのM3タグでザッと見ていた際にXiphさんがサンプル上げました!というツイートをされていたので聴いてみたら「あ、好き」ってなったので同イベントで第一目標としてお迎えさせていただいた次第です。

 

 Xiphさんの作品の特徴は「幻想」だと個人的に思っています。これまで作られたアルバムは今回のを含めて5作ですが、その内一つは童話を、残りはオリジナルの冒険RPGをイメージした楽曲となっており、柔らかさや激しさ、温かさや冷たさなどが混ざりあった独特の世界観を持った作品ばかりです。

 

 個人的に音楽に限らず、好きか嫌いかはほぼ直感なので料理を食べたグルメリポーターのように作品の「ここが素晴らしい!」とかはうまく伝えられないのですが(Xiphさんごめんなさい)、どのくらい好きかと言えば……今回の新作CDは1枚500円なのですが、M3は会場に入るために1000円のカタログ購入が必須となります。で、私は今回、このCD”だけ”が目的でM3に行きました。ハッキリ言って「Xiphさん来なかったらM3行く用事無かった」わけです。このCD1枚買うためだけに流通センターまで電車に揺られてどんぶらこ。だって欲しいもの。

 

 Xiphさん自身が2年ぶりの参加ということもあって、差し入れにクッキー持っていったけどクッキーで良かったかな?大丈夫かな?とか思いながら行きました。お二人ともお元気そうで、短い時間ですがお話もさせていただいて、たのしい時間でした。ありがとうございました。

 

 最新CDはどれも幻想的な雰囲気はありましたが、中でも1曲目の「イノリ」は抜群に好きです。もうね、機会があれば自分の動画のエンディングに使いたいとか普通に思うくらい良い。

 

「この すべてをかけて 選んだものを 残さず守れますように」

「この すべてをかけて 愛した君を 幾度と守れますように」

 イノリ/Xiph

 

 歌ものではノリの良さなどよりも歌詞にメッセージ性やストーリー性があるものを好む傾向にあるのですが、この歌はこの1曲だけで物語が描かれていて、本当にどストライクでした。歌っているのはKoZさんとのことですが、元々はSagiriさんが歌う予定だったとのこと。SagiriさんVer.楽しみにしてます。

 

 実はこの日は秋田県の企業が50社くらい参加するAターンフェアにも参加していました。なので実質M3には15分も滞在しなかったと思います。楽しいイベントなんですけどね。こっちの方が人生かかっちゃうから……いや大げさでも何でもなくて。

 

 前日の27日も別のAターンフェアに参加していたので、この2日間についてはまた改めて記事にしようかと思います。

 

 Xiphさん。Twitterのフォロワー数だけで言えばまだ50も行かない、同人界隈的に言えば無名のサークルさんなのですが、たぶん好きな人は本当にガッツリ好きになるタイプの音楽だと思うので、ぜひ聴いてみてください。私はこれからも応援しています。

xiphxmusic.wixsite.com

 

というわけで、書きたかった記事が一つ書けてホッとしたところでこれにて。

 

明日は立冬です。関東や北陸を中心に夏日に迫る気温になるとか。先週が気温が低かったせいもあってか、体調を崩されている方を多く見かけます。

 

どうぞ皆様、ご自愛ください。

ではまた。

【雑記】VOICEROID2東北イタコがやってきた!

累計97日目。

日々のお勤めお疲れ様です。アカツッキーです。

およそ半月ぶりの記事更新です。停滞していて申し訳ありません。更新がない間も毎日覗きに来ていただいていたようで、ありがとうございました。これからは毎日は無理でも、数日に一回は更新できるようにしたいと思いますので、今後ともよろしくお願い致します。

この半月の間に、秋田の移住イベントに行ったり、同人音楽イベントの「M3」に行ったりPCの掃除をしたりと色々あったのですが、その中で個人的に一番の出来事をご紹介。

 

というわけで、表題。

 

2017年11月、クラウドファンディングで開始24分で450万円、一日で1000万円を達成という伝説を残した、東北三姉妹の長女、東北イタコのVOICEROIDがついに発売されることになりました。f:id:gotenmari:20181104211504p:plain(画像クリックでAmazonが開きます)

 

早くほしいユーザーたちの熱い支援の結果、最終目標であった第5ゴールまですべて達成したことでVOICEROID2の特徴である「感情表現」がMAXの3つ搭載されることとなり、結果として製作に時間がかかるという、本末転倒ぶりを発揮しました。

 

そして先週の木曜日の夕方(11/1)にCF支援者へのリターンとして同商品が発送され、私を始めとする一定金額以上の支援者は早い人で翌日(11/2)にお迎えすることができました。

 

声や使い心地について、早速動画にしましたので参考にしていただければと思います。

www.nicovideo.jp

You Tubeはこちら→VOICEROID2東北イタコ調整考察

 

 東北三姉妹は次女の東北ずん子が癖があって上級者向け、三女のきりたんが扱いやすくて初心者向けと言われてきました。

 

 では、長女の東北イタコはどうか?個人的には中~上級者向けだと思います。デフォルトで使おうとすると、声の高さがやや高めのため、言葉の流れによっては音割れしたようなざらついた声になったりしました。

 ただ、やはり最新型ということでかなりなめらかに読んでくれます。

 

 詳しい調声については動画を見ていただくとして……いやほんとに真面目に作ったのと、正直言って文字で色々書かれるより分かりやすいと思いますので……VOICEROIDの購入を考えている方で、調声をなるべくしたくない、という方は、東北三姉妹ならきりたんがオススメです。個人的には

 

きりたん>イタコ≧ずん子

 

って感じですかね(意見には個人差があります)

 

 個人的には東北ずん子の世界の登場キャラクターたちが公開された当初からずっと東北イタコが一番好きでしたので、VOICEROIDは悲願でもあり、本当に本当に嬉しいです。

 私はけっして調声が上手な方ではないのですが、頑張って少しでもイタコ姉様の魅力感じていただけるようにしていきたいと思います。

 

 そんなわけで、11月8日発売のVOICEROID2東北イタコを

みんなも買おう!!

 

購入後はAHS公式ページでのユーザー&商品登録を忘れずに。

 

ではまた。

【読書感想文】無名の一次創作文芸個人サークルが1年間で500部頒布する方法#むいちもん

累計96日目。

日々のお勤めお疲れ様です。アカツッキーです。

毎日投稿が出来なくなってきた今日このごろです。初期の頃と違って単純に忘れたってことは無く、大体開きはするんだけど疲れていいやぁってなることが多いです。うむむ……もっと意識高くしていかなければ(なんか違う)

 

お知らせ1

かつて国家予算を投じて「ずんだホライずん」としてフルアニメーション化した東北ずん子が、今度は3Dアニメ製作のためのクラウドファンディングを10月18日(木)から始めました。目標金額は350万円。 

まーた高額だなぁ、と思ったそこのあなた。安心して下さい。

既に達成済みです。

24時間以内で350万円を集める力。日々の積み重ねによる信頼に裏付けされたものですね。

350万円達成でアニメは3分間制作されます。現在はストレッチゴールとして目標金額を650万円に設定、7分のアニメを作ろうとしています。

勝ち確なので興味のある方、特にBlenderという3D制作ソフトに興味のある方は支援を検討してみてはいかがでしょうか?

 

また、これに合わせて公式同人誌として販売された公式小説1・2がPixivのBOOTHで電子書籍として販売開始されました。合わせてどうぞ。

 

 というわけで、表題。

 

 読書感想文3回目。前回、前々回に引き続き同じ作家さんの作品です。

 

f:id:gotenmari:20181021174608j:plain

「無名の一次創作文芸個人サークルが1年間で500部頒布する方法#むいちもん」

著・今田ずんばあらず(Twitter)

絵・ホノカ(Twitter/Pixiv

 

 2018年8月10日に頒布が開始された著者の最新作。

 2016年秋からおよそ1年間の間に約500部の自著を頒布した実体験を記した本。同書の中で著者自ら言っていることだが、こちらは「これを読めば、あなたの作品がイベントで飛ぶように売れる!?」というようなハウツー本ではなく、あくまでも実体験に基づく「事実」を記したものである。なお、巻頭と巻末には表紙の女性を主人公としたSS(ショートストーリー)が掲載されている。

 

 内容をおおまかに分けると

・イベント時の設営について

Twitterなどの告知について

・地方イベント参加(遠征)について

・委託について

 以上4つの項目について話をしている。それに加えて、自身の活動に大きな影響を与えた、尊敬する4つのサークルについて書いたコラムや、これまでの参加したイベントとイベントごとの頒布数についても記載されている。

 

 通常の小説とは異なり内容について詳しく述べてしまうとこの本の価値を下げてしまう恐れがあるので(手元にお迎えしなくていいかなという気持ちにさせてしまっては意味がないので)、内容については表面をなぞる程度にしておこうと思う。

--------------------------------------

 また、同人に関してあまり知識がない方のために最初に話をさせていただきたいのが、同人イベントにおいて小説(文芸)というのは頒布が非常に難しいという事だ。文芸オンリーイベントなどはまた違ってくるのだが、特にコミックマーケットなどのようなオールジャンルと呼ばれるイベント系では漫画やイラストのようにひと目で魅力が伝わりにくい(ある程度中身を読まないとわからない)文芸はなかなか伸び悩む傾向にある。また、放送中のアニメの二次創作などではなく、一次創作(オリジナル)はいわゆる「作品買い」「好きなキャラクター買い」というものが無いため、更に伸びにくい傾向がある。

 そのため「一次創作の文芸作品で1年間で500部」という数字は、非常に驚きの数字である。ということを、まずは理解していただきたい。

--------------------------------------

 文芸や一次創作に限らず、同人イベントにサークル側として参加したことがある人は、どんな気持ちで自分の作品を持って参加しているだろうか?著者は「自分の作品を知ってもらうこと」を第一目標として、それに特化した活動方針を実行している。

 

 例えばイベント設営時。

 以前にも書いたが、著者は毎回「イリエタワー」と呼ばれる、実に目立つ設営をしている。同人イベントに限らず、他者より目立つようにした方が人の目を引きやすいというのは誰もが考えつくことかとは思う。同人イベント開催時の設営完了ツイートなどで、サークル参加者がよくポスターを掲げているのが分かりやすい例ですね。

 著者もポスターを掲げているが、それに加えて机の上にイリエタワーを形成させている。イベントによって異なるが、例えばコミックマーケットでは1サークルに割り当てられるスペースは机だけで約90x45(cm)で、決して広いものではない。その限られたスペースで他者の一歩先を行く設営を参加者はそれぞれ工夫しているのだが、なぜ著者はイリエタワーという形に辿り着いたのか?というようなことを、もっと整った文面で紹介している。

 

 例えばTwitterを使った告知。

 botの使用はもちろん、どのタイミングでどんな内容を伝えるのか、他の情報をRTなどした時にどんなリアクションをするのか。情報は水物だ。情報化社会の中で、必要な情報を新鮮な状態で少しでも多くの人に見てもらうための工夫について、著者は「受動的な告知」「能動的な告知」として紹介している。

 このTwitterを使った告知の仕方については、同人に関わらない人も一読の価値があると私は思う。

 私も数年前にサークル側としてイベントに参加していた。今は気分で作ったり作らなかったりする動画投稿者だ。当時からブログをはじめ、告知の99%はTwitterを利用していたし、今もそうだ。しかし私はbotを使うことすらしていない。自分の作品を知ってもらう努力を、今も昔も私はほとんどしていないのである。軽く絶望を覚えたが、安定の「ま、いいか」精神でどうにか一命を取り留める。

 

 遠征については以前から言うように、著者は「同人行商人」である。そして著者自ら「真似してはいけない」と言っているので、今回は触れないでおこうと思う。ただ、強いて言うなら遠征には自家用車を使い、エコ・ドライブの仕方は長距離トラックの後ろを走行することなどで身につけたそうだ。もはや生きてることすべてが勉強とでも言わんばかりの姿勢である。免許を合宿で取得し、運転免許試験場で免許証を発行してもらってから4~5年経過するが、その間に一度もハンドルを握ったことのない典型的ペーパードライバーの私がその技術を手に入れるのは果たして何十年後のことだろうか。

 

 コラムについては割愛させていただく。委託についても著者自ら「まだ記すほどではない」とのことで、他の項目に比べて記載が少ないため割愛させていただく。

 

 この本を読み終えて、確かにこれはハウツー本ではないと感じた。ただ、参考にするには十分過ぎる部分がある。著者は運転技術や設営の仕方、魅せ方などあらゆるものを自身の経験や先輩方から学ぼうと気を配っている。同人関連(創作関連)の飲みの席は盗みの場だと言っていることも、その一端が伺える。

 

 この本を読んでいて、昔、私が同人イベントに参加した際に隣になった男性のことを思い出した。敷布も値段を書いたPOPも、ポスターも什器も何もなく、ただカバンから取り出した本を机の上に平積みにして、机の前を通り過ぎる人たちの顔を見ることも、会場の雰囲気を感じることもなく、ひたすら椅子に座ってスマホをいじり続けていた。

 当時の私は自分の配置の前後左右のサークルについてTwitterなどで確認するようにしていたが、会場で愛想笑い一つ浮かべることもなく、黙々とスマホをいじり続けた男性はTwitterで「全然売れないワロタwww」とツイートしていた。サークル主に頼まれた代理ではない。その男性がサークル主であり、その本の作者なのである。

 

 当時の私は、ある種の異物感のようなものを感じたが、今回この本を読んで得心した。彼は「自分の作品を知ってもらう」ことにも「手にとってもらう」ことにも、努力をしていなかったのだ。あるいは、作品作りに没頭して、それ以外のところに何かしらの努力や工夫が必要だということに気がつけなかったのかもしれない。

 その辺りについては、同書のSS「鹿折しをりの物語」を読んでもらえると、少し感じてもらえるかもしれない。

 

 今現在についても、似たような人を見かけることはよくある。私は仮にも動画投稿者である。同じく動画を投稿している人間を相互にしろ一方通行にしろ、それなりの人数を知っている。中にはいるのだ。

「再生数が伸びない」「コメントが増えない」「ランキングに乗れない」

 そう言って、自分の言葉で自分の心を折りにかかる人間たちが。

 私は彼らと違って、特にそういうものにこだわりはない。だが、そうしたものたちについて、真面目に考える必要性があるのかもしれないと、この本を読み終えた後に見かけたこれらの嘆きを見て、少し思ったのでした。

 

 この文章は、読書感想文としては落第点だと思います。ただ、思い出したこと、思ったこと、見ようとしなかったこと……そうした色々なものは、書けたかな?と。

 

 長文乱文失礼しました。

 ではまた。

お知らせ 宮城の新米と東北ずん子の新しい野望

f:id:gotenmari:20181016230514j:plain

累計95日目。

日々のお勤めお疲れ様です。アカツッキーです。

色々あったので色々割愛。お知らせだけ。

 

お知らせ1

私が応援しているご当地キャラクターの一人、お米農家さん応援プロジェクトと題して活動している、宮城県登米市のリアル農家、迫町森(はさまち・しん)ちゃんから新米販売開始のお知らせが届きました。

 「森の風」は品種で言えば「ひとめぼれ」です、ひとめぼれは粒が大きく、コシヒカリのような甘さや旨味がドーン!って言うものではなく、様々なご飯のお供やおかずに対応出来る、主役でありながら名脇役になれる美味しいお米です。毎年私も購入させていただいてますが、美味しいお米ですのでぜひご利用下さい。お申込みは下記URLより。

あなたの食卓に白米を。

 

お知らせ2

日本を舞台にしたオンラインゲーム「鬼斬」と東北ずん子のコラボが復刻イベントとして期間限定で開催されます。

 前回のコラボで大好評だったイベントが、東北ずん子の誕生日を目前に復刻イベントといて再登場。今回は更にパワーアップして東北ずん子と東北きりたんの衣装が変わるとか変わらないとか。前回プレイ出来なかったので私も今回はプレイしようと思います。主にボイス収集のために(マテ

ゲームのダウンロードやイベントの詳細はこちらからどうぞ。

また、東北ずん子は近日中に新しいクラウドファンディングを実施するとのこと。今度は3Dアニメの製作が目的とか。詳細ページはまだ出来ていないようですが、公式Twitterがリターンを発表しています。

 個人的に5000円でいいかなーと思いつつ、4万円の3Dデータが欲しいなぁと思ったり。お金が割と本気で無いので要相談ですね……。それとfeverで東北きりたんの追加exボイスの販売計画もあるとか。あー、東北姉妹でお財布が溶けるんじゃ^~

 

東北ずん子のCFは、VOICEROID2_東北イタコの時のような勢いがあるのかも個人的に楽しみです。予想では成功はするけど20分弱で達成は無いんじゃないかと思っています。

 

私に出来る形で、東北勢をこれからも応援して行こうと思います。

 

ではまた。

【移住】秋田県移住関連イベント10月~12月編

累計94日目。

日々のお勤めお疲れ様です。アカツッキーです。

今日からまた一週間が始まりましたね。今週から10月いっぱいは祝日がないので、色々ため息が出ちゃいますね。昼間は動くとまだまだ汗をかきますが、朝晩はめっきり涼しくなりました。体調を崩さぬように気をつけていきましょう。

 

連日お知らせさせていただき、このたび大盛況で終了した秋田県由利本荘市東由利の道の駅「黄桜の里」で行なわれた痛車フェス。ご来場いただいた皆様ありがとうございました。当日参加された痛車の写真を、運営様がTwitterのモーメントにまとめて下さってますので、ぜひ除いて見てくださいね。

黄桜の里痛車フェス展示車両

 

 

ということで、表題。

 

 約1ヶ月前に有楽町にある東京国際フォーラムで開催された第14回ふるさと回帰フェアにて秋田県のブースに立ち寄った際に移住定住登録をしたところ、先日担当部署よりメールを頂いたので、ここでご紹介させていただこうかと思います。ちなみにふるさと回帰フェアについても記事書いてますのでよろしければどうぞ。

 ということで、読むの面倒って方のために画像貼っときますね。

f:id:gotenmari:20181015221424j:plain

f:id:gotenmari:20181015221429j:plain

 では上から順に軽く説明を。なお、一番上の「秋田市移住セミナー」は既に終了しているため割愛させていただきます。情報が遅くて申し訳ありません……。

 

1,秋田発!一次産業ビジネスの最新事例と農山漁村 の暮らし丸わかりセミナー

 

日時:10月20日(土)13:00~17:00

   10月21日(日)13:00~17:00

内容:20日=農業・アグリビジネス・暮らし

   21日=林業・漁業

会場:東京都東京都千代田区大手町2-6-2
   パソナグループ本社ビル JOB HUB SQUARE 2Fホール

主催:パソナグループ パソナ農援隊

HP(応募):パソナグループの新しい農業支援 -パソナ農援隊-

 

 農業など第一次産業への就業を目指す方を対象としたイベント。アグリビジネスというのは「農業関連産業」とよばれ、分かりやすい例としては農家が自前の野菜でレストランを開く、というのがありますね。両日共にそうした産業に携わる現役の方がトークセッションを行ない、その後フリー交流やら個別相談会やらを実施するとのこと。秋田に限らず第一次産業に興味のある方は行ってみると良いかもしれません。

 また、画像にはありませんが同様のイベントが12月にもありますので、チェックしておくと良いでしょう。

 

 

2,いいな♪AKITA~A生活探検移住フェア~

 

日時:10月27日(土)11:00~17:00

内容:移住・就業・転居・子育てなど移住関連全般

会場:東京都渋谷区恵比寿1-20-8エビススバルビル5F EBiS303

主催:秋田県

HP:「いいな♪AKITA ~A生活探検移住フェア~ 」 | “秋田暮らし”はじめの一歩

事前応募フォーム:「いいな♪ AKITA ~A生活探検移住フェア~」応募フォーム

 

 秋田県主催ということで推せ推せで来たイベント。当日は14市町の移住担当者による地域ごとの移住相談ブースに加え、ゲストトークによるセミナーやファイナンシャルプランナーによる秋田暮らしのライフプランの相談、曲げわっぱ作りが出来るワークショップ(※事前予約&材料費¥3000)や9つの企業による働き方相談などまさに多才。家族連れも歓迎ということで秋田で人気のコーヒー専門店が出張していたり、託児スペースもご用意。県が動くとやる気満々ですな。予算かけてそう(ゲスい)

 ちなみに参加は無料で当日一見さん大歓迎。ただ、事前応募予約すると先着200名に夫婦箸が粗品としてプレゼントされるそう。おひとりさまは一膳ですって。安心ですね(何がだ)

 

 

3,Aターンフェアin東京

 

日時:10月28日(日)11:30~16:10(受付11:00~)

内容:移住相談・企業説明&面談・セミナー

会場:浅草橋ヒューリックホール

主催:公益財団法人 秋田県ふるさと定住機構

HP:Aターンフェアin東京の参加企業が決定しました!

 

 Aターンとは「UターンとかIターンとかJターンとか色々言われてるけど、どうでもいいから秋田に住もうZE☆」みたいな感じの秋田独自の移住PR用語です。

 当日は秋田県内にある54社の企業が出展。有名所ではTDKとかネッツトヨタとか。そうした企業での説明や面談、いつも通りの市町村担当者による移住相談に、職業適性診断などしてくれるとのこと。移住担当者曰く、移住すると決めているなら27日の秋田県主催のよりこっちに参加したほうが良い!らしいです。キッズスペース完備らしいのでお子様連れの方もぜひ。

 

 

4,第6回秋田県北合同移住フェア『きてみねが~!!秋田の北にロックオン!』

 

日時:11月2日(金)15:30~20:30
   11月3日(土)12:00~17:00

内容:自治体による移住相談会

会場:移住・交流情報ガーデン

主催:北秋田市総務部総合政策課移住・定住支援室

HP:秋田県北合同移住フェア『きてみねが~!!秋田の北にロックオン!』

 

 秋田県北の5市町(能代市北秋田市大館市小坂町鹿角市)が合同で開く移住相談会。当日は地域おこし協力隊や先輩移住者などがトークをしたり、各自治体の担当者が個別相談してくれたりする。2日間開催だが1日目が平日ということもあってか、両日で内容がかなり異なるので注意。

 

 

5,「花火のまち」大仙市移住相談会

 

日時:11月16日(金)19:00~21:00
   11月17日(土)13:30~16:30

内容:大仙市の移住全般相談会

会場:移住・交流情報ガーデン

主催:大仙市まちづくり課

HP:移住相談会について | 秋田県大仙市

 

 「大曲の花火」で有名な大仙市の移住相談会。事前予約すると粗品プレゼント。個別相談だけでなく、先輩移住者のトークや新規就農相談もある。加えて野菜や果樹の販売もあるとのこと。

 

 

6,ターンズの学校秋田科卒業式(仮)

日時:11月17日(土)時間未定

内容:詳細不明

会場:TRAVEL HUB MIX

主催:TURNS

HP:TURNS(ターンズ)これからの地域とのつながりかた

 

 なんかよく分かりません(爆)

 TURNSというのはおそらくUターンとかIターンとかをサポートする団体的なやつのようで、HPを見る限り東京での講義や現地実習などがあるとのこと。学校って言ってるからお金がかかるのかな?そもそもの詳細などもザッと見ただけでは分かりませんでした。とりあえず先輩移住者と交流できるイベントのようです。

 

 あとは11月27日に移住交流情報ガーデンで秋田市の地域おこし協力隊募集の案内があるそうです。大仙市の相談会の隣で何やってんだ秋田市……。

 

 といった感じで一覧でした。こういう情報は秋田県や各市町村の移住対応の役所、それにAターンサポートセンターなどに登録すると情報を送ってくれます。Aターンは秋田だけですが、他の都道府県にも似たような移住サポートはたくさんあるのでご希望の市町村は各自でお調べになってみて下さい。

 

 1月にJOINさん主催の移住フェスに行ってから今日までいくつも移住関連イベントに参加して話をしたりしてきましたが、やはり一度と言わず、二度三度と声に出してきちんと相談するのは大切だと感じます。ネット上の情報を見てあーだこーだ言っているだけでは気づかないものに気づくことも多いです。移住を考える方は、まずは相談会などに参加してみることをオススメします。

 

 といったところで今日はここまで。

 ではでは

【雑記】鳥海山とずんだ羊羹

累計93日目。

日々のお勤めお疲れ様です。アカツッキーです。

今日は秋田で「黄桜の里痛車フェス」が開催され、埼玉ではたくさんのご当地キャラクターが集まる「アニ玉祭」が開催され、東京の国際展示場では同人誌即売会である「秋季例大祭」や「COMIC1☆14」が開催されたりと、私の周辺はとても賑やかな一日でした。

 そんな中で私はどこにいたかと言うと。

f:id:gotenmari:20181014234004j:plain池袋にある宮城ふるさとプラザで東北ずん子印のずんだ羊羹を買いに行っていました。

 

 ずんだ羊羹は、宮城県白石市でほぼ年に一回行なわれている「東北ずん子スタンプラリー」の景品として白石市内にある菓子店「やなぎや」さんが開発したもの。スタンプラリー終了後も評判が良かったことからレギュラー商品として販売されています。

 宮城ふるさとプラザでは16日まで「仙南地域フェア」を開催中。それに合わせて150本限定で販売されています。個人的には白石市内以外では初めての販売では?と認識しています。

 今年の春、初めてスタンプラリーに参加した際に購入して食べましたが美味しかったです。ということでまとめ買い。

 肌寒かったこともあり、スタンプラリーのクラウドファンディング支援者へのリターンとしてもらったウインドブレーカーを着て行ったところ、入店してすぐにずんだ羊羹の試食を勧めていた担当者さんに「あ、大庭スポーツさんですね!」と言われ、お話もはずみました。来春もスタンプラリー開催するらしいので、また遊びに行きたいですね。

 そのずんだ羊羹の隣では、ササニシキの新米が販売されていました。ササニシキコシヒカリやひとめぼれなどに比べて栽培が難しく、一度はほぼ全滅(栽培する農家さんがほとんどいなくなった)したのを、その美味しさをもう一度広めたい!として地元農家さんたちによる「畦かえる 宮城県白石産ササニシキ復活プロジェクト」が発足。米作りだけでなく、広報や販売も頑張っています。

他にも色々あるので、お近くにお立ち寄りになった際にはぜひ。ただ、ずんだ羊羹に関しては既に30本を切ったらしく、欲しい方はお早めに。

 

 

 池袋を出て、今度は渋谷へ。というかこっちが今日の本題。

 渋谷のFORUM8で開催された「由利本荘市移住ミーティング~山の恵みに感謝する暮らし~」に参加してきました。f:id:gotenmari:20181015000210j:plain

 由利本荘市の南側にある、鳥海山をメインテーマに実際に山と関わり合いながら生活する方々のお話が聞けるとのことで参加。特に黄桜すいでも時々お世話になっている写真家の「小川アツシ」さんがいらっしゃるということで、ご挨拶出来たらという側面もありました。小川さんの素敵写真がいっぱいのTwitterやインスタグラムをみんな見よう。

ATSUSHI OGAWA (@atsushi_ogawa87) | Twitter

ATSUSHI OGAWA (@atsushi_ogawa87) • Instagram photos and videos

 

 で、会場前で夏に開催された「黄桜すい合宿2.5」でご一緒し、共に移住について真剣に考える同士であるNさんと合流。共に会場でお話を聞きます。

 参加された方はパット見で若い方はほとんどおらず、年齢層は高め。低めの人は我々を除いたら男女合わせて2~3名といったところでしょうか。

 始まるとまずは鳥海山に1200回くらい登ったという荘司昭夫氏の講話。鳥海山の魅力についてということでお話をされました……が、約1時間の講話は途中から鳥海山とは関係のない海外の山の話へ。他にも荘司氏の友人が登った山とかのお話も。そうした話をした後に「海外の○○山はこんな感じ。それに対して鳥海山は△△なんです」などの比較表現などされるのかと思っていたらそういうのも特になし。

 荘司氏の話は素直に興味深いものでした。しかし今回の会は「山の魅力(登山の魅力)を伝える場」ではなく「鳥海山の魅力」や「鳥海山(などの山々)の恩恵を得て由利本荘市で暮らす魅力」を私は聞きたかったので、物足りなさを感じずにはいられませんでした。

 時間超過により役所の方に止められ、最後に言った言葉が「いま説明したことはすべて鳥海山の近くにあります」

 いや海外の話めちゃめちゃしてたじゃん!

 と一人心の中でつっこみを入れてました。いやほんと、この場じゃなければ本当に興味深い話なんですよ……。

 

 その後、小川氏や由利本荘市で山菜の販売をしている後藤健氏のお話を聞いたりしましたが、時間超過の影響を除いても、そもそもの時間配分間違えたのかってくらいお話が短くてもっと聞きたかったなという気持ちが残るミーティングでした。

後藤さんの山菜は通販もしています。

 ミーティング終了後、Nさんと一緒に黄桜すいちゃんのアクキーを持って小川さんにご挨拶に伺いました。気さくにお話しいただきありがとうございました。「全力でやらないとダメ」という、当たり前過ぎる言葉がとても重く突き刺さりました。

 

 写真、動画、Unity、ブログなどのライティング……もっと本気で全力でやらないとダメな時期に来ているのかもしれません。

 

 そんなことを思う1日でした。お付き合いくださったNさんありがとうございました。

 次回は今月27日のこちらに行こうかどうか考え中です。移住に興味のある方はぜひ。

 明日からまたお仕事。寝不足の影響か、頭がいたいのでさっさと寝ようと思います。うちのお姫様が機嫌を損ねない内に、今日買ったものは食べていきたいですね。

f:id:gotenmari:20181014235358j:plain

 

それではまた。

 

 

【雑記】近況報告

累計92日目。

日々のお勤めお疲れ様です。アカツッキーです。

前回の記事から約1週間ぶりですね。ご無沙汰しております。元々毎日書く癖をつけるとか言っておいてこれですよ。本当に申し訳ない。というわけで今回はちょっと近況のご説明など。

 

その前に。

 

お知らせ1

 日々お知らせさせていただいております、秋田県由利本荘市の道の駅・東由利にて50台もの痛車が一堂に会する痛車フェスが行なわれます。いよいよ明日が本番です。由利本荘市の中でも緑深い東由利地区。秋の行楽シーズンまっただなかです。どうぞご一考頂ければと思います。また、行けないよー、という人はTwitterで「#黄桜の里痛車フェスで会いましょう」で検索して頂ければ、参加者の皆様が写真を投稿して下さってますので、覗いてみて、いいな~って思ったら拡散したりつぶやいたりして、お祭りを一緒に盛り上げましょう!

 

お知らせ2

池袋にある宮城県のアンテナショップ「宮城ふるさとプラザ」で開催中の「みやぎ仙南 いいもん!うまいもん!フェア」にて、白石市で過去に開催された東北ずん子スタンプラリーにて開発された「ずんだ羊羹」が期間中限定150本で販売されているそうです。

 私も食べたことありますが、ずんだの柔らかい香りとつぶつぶ感が美味しい羊羹で、とてもオススメです。Twitterを見る限り、なかなか好評の様子。明日都内に行く用事があるのでついでに覗こうかと思っているのですが、残っていると良いのですが……。これ以外にも仙南地域の美味しいものが並んでいるとのことですので、ぜひ皆様も足を運んでみてはいかがでしょうか?

 ちなみに「仙南地域」というのは、ザックリ言うと「仙台より南の地域」って感じです。

 

 

それでは、表題。

 

 まずこの一週間の間に起こった一番のことと言えば、スマホを紛失したことです。

 今の仕事場はロッカーはあるのですが鍵がないため、貴重品は身につけておくようにと言われています。いつも私はズボンのポケットに入れているのですが、立ったり座ったりを繰り返す仕事なので、お昼の休憩の時に触れてから終業時間までの間に紛失してしまいました。おまけに「サイレントモード+機内モードGPS未使用+ロック」という絶望的なまでのフルコンボ状態。

 同じ現場の方々に協力していただいて探しましたが見つからず、ひとまず帰宅。翌日出勤して捜索したところ、かーなーり分かりづらいところから発見され事なきを得ました。今は落ちないように対策しています。特に機内モードにはしないようにしました(苦笑)

 

 お歳暮の注文をしました。いつも皆さんがよく知っている某大手小売店のネットスーパーで注文するのですが、今回から送料を取るようになりました。いつ頃からかは知りませんが、今年の夏にお中元を贈った時は送料かかってなかったので今夏以降から取るようになったみたいです。運送会社の現状なんかを見れば仕方ないのかもしれませんが、消費者としては(´・ω・`)ってなっちゃいますね。

 

 動画を少しずつ作っています。ロックマンの最新話はネタや素材が集まったところから少しずつ進めています。ただ、ロックマンはネタ関連の編集が多いので、ほとんど編集しなくていい動画をポチポチと作っています。こちらはそれなりの数が準備できたらほぼ日刊投稿とかしようかな?と思っています。

 ただ、参考にさせていただいた動画主様に「こういう形式(ネタ)を使わせていただいてもいいですか?」と連絡をとったのですが、お返事がないのでこのまま投稿してもいいものかちょっと悩んでいます。

 その時はTwitterに投稿して、いくつかまとめたものをニコニコ動画に投稿、みたいな形にしようかな?とか思っています。Steam紹介動画もそうですが、あんまりネタを入れないで住む動画って楽ですね。いやネタ考えるの楽しいんですけどね(笑)

 

 地元の国道沿いに、脇道に入るためのカーブがあるんですが、そのところに街路樹としてイチョウの木が植えられています。ここ最近、最高気温はアップダウンをくり返していましたが、朝晩はそれなりに冷え込んでいたためか、葉っぱが少し黄葉を始めていました。週間天気予報では晴れの日が少ないということもあるでしょうが、最高気温を見ると秋が来たなぁと感じます。

 ここ数年は秋が無くて真夏から一気に冬突入!といった感じだったので、ちょっと嬉しいです。せっかく四季のある国に住んでいるのですから、四季折々の表情を楽しみたいですね。仕事しているとのんびりそういうの見る時間無かったりしますが(;´∀`)

 

 そんな感じで近況報告でした。仕事も今週に入って急に忙しくなったりしましたが、前職が休憩なしの12時間ぶっ通し勤務とかあったせいか、それほど辛いとは感じていません。むしろもっとゆっくり仕事していいからね!って心配されます(笑)契約期間は全うできそうです。

 

 といったところで、この辺で。

 季節の変わり目ですので、どうぞ皆様ご自愛下さいませ。