きっと私の風が吹く

好きなことを、好きなように

【旅行記】甲府駅周辺ぶらり旅

累計71日目。

日々のお勤めお疲れ様です。アカツッキーです。

 

<お知らせ>

先日まで連載していた「黄桜すい合宿2.5」の動画が投稿されました。ザックリザクザクな雰囲気を味わって頂けたらと思います。改めてKSP他、関係各位の皆様ありがとうございました。

私もチラッと映っております。ネットどころかPCの黎明期から今日まで「ネットに顔など個人情報を出さない」という風に言われて育ってきたので、まだまだ他の皆様に比べて顔出しに抵抗がある人間でして……編集されたKSP代表様、ご苦労おかけしてすいません(陳謝)

youtu.be

私見による黄桜すい合宿2.5の様子については過去記事をご参照下さい(ダイマ

shiihaduki.hateblo.jp

【旅行記】黄桜すい合宿2.5 1日目・後編

【旅行記】黄桜すい合宿2.5 2日目・前編

【旅行記】黄桜すい合宿2.5 2日目・後編

 

 

<お知らせ2>

 

に!2017年、文化庁主導の「若手アニメーター育成プロジェクト(通称:あにめたまご」にて国家予算を投じて作られた世界初!合成音声を使用したミュージカルアニメ【ずんだホライズン】が悲願の東北上映にこぎつけました!

 

場所:宮城県仙台市

日時:2018年9月27日(木)18:00 ~ 20:00

価格:2000円

 

ゲストには竹内浩志監督、ずんだもん 役:伊藤ゆいなさん、北海道めろん 役:清水彩香さんが登壇し、トークショーも行ないます。

映像は通常のアニメの倍以上、1万枚を超える中割素材で作成された超高画質!

音は5.1chサラウンドの立体音響に対応!!

 

しかし!!

 

こちらのイベント、前売りチケットが規定枚数に達しないと放映出来ません

規定枚数まで残り27枚

 

これが実現できなければ、二度とチャンスが来ないかもしれません。

ずんだの民の力を!!今こそ!!!

よろしくお願いします!!!!

www.dreampass.jp

 

 

 

そして、表題。

 

今日はかねてより「タイミング合えばご飯行こうね!」と言っていたTwitterフレンズの「海風さん」と甲府でお散歩してきました。

私の記憶の中で山梨県は10年以上前に果物狩りの日帰りツアーと石和温泉に何度か行ったくらいで、自分の意思で行くのは初めてだと思います。

 

そんなわけで電車で出発。特急料金をケチって鈍行の旅。家を出てから川越え山越え約2時間。人生初の甲府駅に到着。

同じ路線のどっかの駅でトラブルがあったらしく、10分ほど出発が遅れたのに定刻通りに到着した鉄道会社の職員の皆様に感謝です。

 

そして先着していた海風さんに連絡。LINEで改札前にいると聞いて見渡すと、こちらを見つめる男性の姿が。顔を初めて拝見するので「あの人かな?」と思っている所に追加のLINE通知。内容は今日の服装。送られてきた文面とコチラを伺う男性の服装を見比べる。

 

全然違うやんけ!!

 

というわけで改めてぐるりと見渡すと該当する方を発見。無事に合流することが出来ました。数日前から「当日どうしようか?」と相談していましたが、結果としてお互いノープラン。ひとまず南口側にある武田信玄公にご挨拶をして、その足で甲府城跡である舞鶴城公園に向かいます。甲府城なのか舞鶴城なのか……。

f:id:gotenmari:20180912230313j:plain

 

 ちなみに今回スマホはもちろん、カメラも持っていましたが、なぜかあまり写真を撮りたいという気持ちにはなれず、ほとんど写真はありません。なんでかなぁ(´・ω・`)?

 

 甲府市/甲府城

それはともかく、駅から歩いて5分もかからずに舞鶴城公園に到着。現在の山梨県庁や甲府駅などもすっぽり入るくらい広大な敷地(約20ha)は時代と共に市街地へと代わり、残された土地の一部は城址公園などとなり、鉄門(くろがねもん)などかつての面影を見ることが出来ます。

 

公園をぐるっとひと回りしたのち、一度甲府駅まで戻り、駅の中を通って北口側へ。昨日グーグルで調べたところ「夢小路」なる古い蔵などの建物っぽい買い物ができる場所があるらしいとのことで、ひとまずそれを目指すことに。

 

それに向かう途中、山梨県立図書館の横を通りました。県立図書館、これが図書館!?ってくらい大きかったです。めっちゃ楽しそう。

 

そして「甲州夢小路」の看板が。その矢印に従って進むと、大きなワイナリーに到着しました。なんでやねん。

 

サドヤ ワイナリー

辿り着いたのは大正6年創業の老舗のワイナリー「サドヤ」さん。

敷地内で原材料のブドウの栽培から醸造、販売まで行なっています。また県内のブドウ農家などから品質の良いものを買い付けて作ったワインも一緒に販売しています。また敷地内にはレストランやチャペルがあり、結婚式も行えます。ちょうど打ち合わせに来ていたのか、カップルと思しきお二人がスタッフに案内されてウェディング事務所に入って行かれました。どうぞお幸せに。

 

ショップで色々見た後に、海風さんがサドヤオリジナルの赤ワイン(¥500/杯)を試飲。辛口だけど苦味がなくて美味しかったとのこと。私もお酒が苦手ながらも舐める程度(小さじ一匙も無いくらい微量)いただきましたが、アルコールのニオイがガツン!と来て美味しさを味わうことが出来ませんでした。

 

サドヤさんを後にして来た道を戻ります。途中で蔵のような建物が見えたのでそちらへ向かうと、甲州夢小路がありました。もう一枚くらい矢印つけといてくれよと思ったのは内緒。

 

甲州夢小路 

大小20件ほどの商店、飲食店、美術館などが集まる夢小路。和カフェでは一時期話題になった「信玄餅パフェ」が食べれたり、ラーメン屋では富士山の天然氷を使ったかき氷が食べられたり、ワイン蔵ではワインの試飲(有料)やワイングラスなどが購入できたりと、駅からも近いので、お腹にもお土産にも困らない場所です。

 

そんな夢小路を正面ではなく、なぜか裏側から見ていると、線路の向こう側に「きび大福」ののぼりを発見。夢小路をほぼ無視してそちらへ向かいます。

 

つい数日前にリニューアルオープンしたらしいその小さな和菓子屋さんはお店の周りにたくさんの胡蝶蘭が並び、愛されているのだなと感じました。けれど商品がぼた餅しかなかったので購入は断念。そのまま来た道は戻らず、ぶらぶらと反対側へ進みます。

 

しばらく進むと、よくある商店街とアーケード街が交差する場所へ出ました。その商店街の入口付近に佇む建物に「くろ玉」の垂れ幕が。

 

澤田屋

中を覗くと、カフェが併設された和洋菓子店。和菓子も洋菓子も扱うお店で、このお店で作られて販売されている「くろ玉」というお菓子は銘菓として愛され、甲府駅構内などでも信玄餅と共に売られているほど。試食させていただきましたが、青えんどう豆のつぶつぶ感と表面の黒糖が合わさって甘すぎず、口当たりが滑らかで美味しいお菓子でした。

同じ製法で数年前に作られた「キャラ玉」は中身がサツマイモ餡で外がキャラメルという代物。くろ玉と同じく甘すぎないあっさりとした味ですが、舌触りはくろ玉よりしっとりとしています。このキャラ玉は甲府駅構内のお土産屋などには無いので、気になる方は本店の方へ。

 

私も海風さんもそれぞれ買い物を済ませて澤田屋さんを後にし、さらにアーケード街などをぶらぶら。

 

その後、やまなしプラザ内の「オープンカフェまるごとやまなし館」でコーヒーを飲んだり、山梨県庁内にある「山梨近代人物館」を覗いてみたりして、ぐるっと回って再び甲府駅前へ。本当にぐるっと回って戻ってきたところで、もう一度「甲州夢小路」へ。なんて無駄な労力かと思う人もいるかもしれませんが、こういうブラブラ出来るのがノープランの旅の良いところ。

 

そして改めて来た夢小路で海風さんがワインを再び試飲。接客してくれた女性はとてもお酒が好きとのことで、旦那さんと一緒に一晩でワインを3本開けてしまうこともあるそうです。

ここでも一口ワインを舐める程度いただきましたが、やはり私にはアルコールが強くてダメでした。うーん、もっと強くならなくていいからお酒の味だとか香りだとかを楽しめるくらいにはなりたい(´・ω・`)

 

そして甲府駅に戻り、駅ビルの中にある「信玄」さんで昼食兼夕食。

f:id:gotenmari:20180913004521j:plain山梨名物・ほうとう

 

f:id:gotenmari:20180913004701j:plain同じく名物の鳥のもつ煮

 

f:id:gotenmari:20180913004723j:plain初めて食べる鶏のタタキ

そして海風さんはおまけでビール(プレミアム・モルツ)。

 

ほうとうは思いのほか量が多く、特徴でもあるカボチャがとてもビッグサイズで入っていて二人で「でかぁ!」と笑いました。

 

ゆっくりとお話しながらご飯を食べ終え、甲府駅に戻ります。時刻は18時を回った頃。そろそろ解散……と思いきや、電車の都合で30分ほど延長することに。

 

甲府駅構内にはかつて鉱山で水晶多く採掘された名残からか、推奨をはじめとした宝石類の展示などがされており、それを見ながら話をしたり、構内のお土産屋でお土産買ったり。

 

そして出発が早い私が、朝も夜も海風さんを待たせるという無礼をしながら先に改札をくぐり、今回の旅は終了しました。

 

海風さんは年下ですが、ハキハキとしていて、でも当たりは柔らかい楽しい人でした。今日は一日ありがとうございました。

 

今年は春に宮城、夏に秋田、夏か秋か微妙なこの時期に山梨と、かなりアクティブに色々行っています。懐の都合もあるのでそろそろ本当にお仕事しないとですね(苦笑)

 

では、そんなわけで今日はこの辺で。

どうぞご自愛ください。